unity

【unityでマリオ#1】マリオのような2D横スクロールアクションゲームを作ろう【初心者】

こんにちは!ぴよぴよホールディングス(@piyopiyoHD)です!

unityチュートリアル第一弾!今回から何記事かに渡って

初心者でもマリオのような2D横スクロールアクションゲームを簡単に作れる方法をご紹介したいと思います!

#1 目標 : キャラクターをScene上に表示させよう

 

今回の記事でキャラクターをScene上に表示させます!

それでは早速はじめていきましょう!

(なお当ページのunityのverは2018.2.6f1になっております!)

 

Unityで新規プロジェクトを立ち上げよう!

 

上記のような画面が出てくるのでNewをクリック!

 

  1. projectの名前をつけて
  2. templateの項目は2Dゲームですが便宜上3Dの設定で作ります
  3. 設定を終えたらcreate projectを押しましょう!

 

保存

 

 

  1. プロジェクトを開いたらまず上記画像の部分をクリックし名前をつけて保存をしましょう(command(or control)+ shift +S)unityが急に落ちることもあるので。

UnityのUIについて

UnityのUI(画面のこと)をさくっと簡易的に説明します!

 

  1. Scene : ここにcubeやモデルを置いてゲームを作っていきます!
  2. Hierarchy : シーンの構成内容がここに表示されます!3Dモデル、カメラ、ライトなど
  3. Project : 使用したいデータをインポートできる場所。インポートされたものがでる。
  4. Inspector : クリックしている要素の設定を変更することができます!(大きさなど)
  5. Game : ゲームプレイ中、実際に映る画面。
  6. Console : エラーやDebug.Logが表示される場所

 

好きなキャラクターをunity上に移動させよう

 

今から、ゲームのプレイヤーとなるキャラクターを画面上に表示させていきます!

スーパーマリオでいう主人公のマリオですね!

好きな画像(.pngで透過されているのが良い)を見つけて、unity上のProjectにドラッグ&ドロップをしてunityで扱えるようにしましょう!

こちらでキャラクターとして扱うのは当ブログキャラクター

ぴよぴよホールディングスのぴよ社長です!

 

 

(使ってもいいよ)

 

 

 

 

Inspector上でTexture TypeをSprite(2D and UI)に変更しよう

 

Scene上にキャラクターを表示させる下準備として

  1. Project上にある、キャラクターをクリックし、
  2. Texture TypeをSprite(2D and UI)に変更
  3. 下にあるApplyをクリックしましょう!(Applyを押さないと適用されないよ)

 

Scene上に表示させよう!

 

先ほど変更したキャラクターをHierarchyにドラッグ&ドロップしましょう

するとScene上にキャラクターが現れます!今回少し大きかったので

Inspector上のTransformのScaleを下図のようにしました!

下図のようにひよこが小さくなりましたか?

また簡易の土台も作っておきましょう!

下図のようにHIerarchyのCreateからCubeを選択、クリックをし生成します。

cubeのパラメーターは下図のようにしました!

 

まとめ(#1完成)

 

 

こんな感じに表示されましたか?

今回記載したものはunityの基礎的なものがほとんどなので、操作をしているうちに

覚えていくと思います!

次回からは実際にキャラクターを動かしていきます!

ここまで読んでいただきありがとうございました!