オールディーズ

【オールディーズ】悲しき街角(Runaway)/Del Shannonのコード進行【ギター】

こんにちは!ぴよぴよホールディングス(@piyopiyoHD)です!

オールディーズのコード進行を分析してみようのコーナーpart3です!

今回は悲しき街角(Runaway)/Del Shannonについて考察していきたいと思います!

ちなみに悲しき街角は、邦題であり、原曲名はRunawayです!

余談ですが、オールディーズでは、邦題を別につけることが多く、悲しき〜。恋の〜。素敵な〜。など一定のパターンがあります!笑

悲しき街角(Runaway)コード進行

概要

悲しき街角(Runaway)は1961年に発売された曲であり、原曲以外でもベンチャーズや飯田久彦さん、斉藤和義さん、天童よしみさんのカバーも有名です。

曲は短調ではじまるものの、Bメロから同主調長調に転調するところが、オールディーズらしい曲だなと思います!

原曲のkeyは、B♭mなのですが、

  1. イントロのギターが開放弦使ったフレーズになっている
  2. Amで演奏されることが多い

ということを理由に、keyはAmとして、分析していきたいと思います!

↑こちらが原曲です

譜面

こちら全体把握のためにお使いください!

コード進行

全体のkeyはAマイナーです。

Aマイナーkeyは白鍵だけで作られているので、わかりやすいですね!

Aマイナーのダイアトニックコードは以下になります!

またこの曲は、Bメロ以降で、Aメジャーkeyに転調するので、Aメジャーのダイアトニックコードも記載しておきます!

イントロ

ギターの開放弦を使った印象的なフレーズではじまります!

Amのコードのアルペジオを応用したフレーズですね!

このフレーズの要である、上記の“うんたかた たんたん たかたか”のリズム。他のオールディーズの曲でもたくさん出てきますね!

ピアノのフレーズも上記の符割にあわせたフレーズになっており、これもかっこいいです!

Aメロ

|Am|Am|G|G|

|F|F|E7|E7|

7-8小節目の“E7”

Amのダイアトニックコードから考えると“Em7″になりますが解決感を強めるために”Em7″を”E7″にしています。

この曲だけでなくマイナーキーでは、Vm7をV7にすることが多いです!(トライトーンを作っている)

 

②Am→G→F→E7(Im-Ⅶ-Ⅵ-V7)

マイナーキーの王道循環コードで、60年代~70年代の洋楽ポップスでかなりたくさん使われています!(最近の曲ではあまり使われていない気がします。)

このコード進行は、V7をピポットに同主調に転調しやすく

ビートルズのI’ll be back” 等でも使われています。

これについて、1980年にジョン・レノンは

「まったくぼく。デル・シャノンの曲のコードをぼく流に手を加えた。ポールも同じ事をやった。ぼくの方がこの I’LL BE BACK」

と語っています。

実際にこの曲もBメロ以降転調します!

Bメロ

 

|A|A|F#m|F#m|

|A|A|F#m|F#m|

  • keyがAメジャーに転調しています!
  • 曲調が明るい雰囲気になっていますね!
  • 進行はⅠ-Ⅵmを繰り返す、トニックを連結したコード進行(Ⅰ-Ⅵmもトニック)です!

サビ

|A|A|F#m|F#m|

|A|A|F#m|F#m|

|D|D|E|E|

|A|D|A|E7|

・8小節目までBメロとコード進行は同じですが、“うんたた、うた”でリズムパターンを作っています。

・後半8小節はⅣ→Ⅴ→Ⅰ(サブドミナント→ドミナント→トニック)という基本的コード進行になっていますね!

・また最後に”E7”をピポットにし、Aメロと同じ短調に転調しています。

・Bメロと同じく、メジャーkeyで作られており、雰囲気が明るくなっていますが、歌詞はすごく切ないことを歌っています。(何故あの娘はどこかにいったの~的な内容)

・雰囲気は明るいものの、悲しいことを歌っているというのが、オールディーズの曲の特徴であり、僕の好きな部分でもあります。

オルガンソロ

  • この曲を特徴づける素晴らしいフレーズですね。音色はチャーチオルガンでしょうか。
  • コード進行は、Aメロと同じなので、割愛します。

まとめ

オルガンソロ以降は、Bメロに戻って、そのままサビにいき、アウトロにいくため、コード進行は同じです!なので割愛します

  1. 同主調に転調する
  2. 三連符を軸にしたフレーズ

上記の同主調への転調や、三連符を使ったフレーズは、現代のポピュラーを作曲をする際にも、使える技ですので、ぜひ使ってみてください!

ここまで読んで頂きありがとうございました!!

ぴよぴよホールディングス(@piyopiyoHD)でした!